お米の歴史と名前の由来と特徴

あきさかりの歴史と名前の由来と特徴

2017/08/11

50

あきさかりは福井県生まれのブランドです。現在では、広島県でも作られている美味しいお米です。

スポンサーリンク

あきさかりの歴史

1997年 福井県農業試験場で「北陸159号」と「越南173号」を交配する。
2008年 「あきさかり」と命名される。福井県が「あきさかり」を奨励品種とする。
2009年 農林省により、「水稲農林432号」として登録される。
2011年 種苗法により品種登録される。
2012年 ANA国際線ファーストクラスとビジネスクラスで機内食として採用される。

あきさかりの系譜

kei_akisakari

あきさかりの名前の由来

収穫期の秋、人々がこの品種の魅力に満足し、さらにこの品種が長く愛され繁栄することを願って命名されました。

あきさかりの味と特徴

あきさかりは美白米と呼ばれるほど、精米白度が高いお米です。見た目はコシヒカリよりも優れ、味はコシヒカリと同等です。味にクセがないので誰にでも好まれるお米です。

粘りがありもっちりとしたお米です。ご飯をそのまま味わってもいいですし、炊き込みご飯と相性がいいので、バリエーションが広がりそうです。

スポンサーリンク

-お米の歴史と名前の由来と特徴
-, , ,