お米の歴史と名前の由来と特徴

てんたかくの歴史と名前の由来と特徴

2017/08/11

50

てんたかくは、富山県のブランド米です。北陸も美味しいお米が生産されるので、各地のブランド米の味が気になります。

スポンサーリンク

てんたかくの歴史

1992年 富山県農業技術センター農業試験場で「越南146号」と「東北143号」を交配する。
2003年 「てんたかく」と命名される。富山県が「てんたかく」を奨励品種とする。
2006年 種苗法により品種登録される。

てんたかくの系譜

kei_tentakaku

てんたかくの名前の由来

天高くそびえる立山連峰のごとく、全国に大きく飛躍してほしいとの願いを込めて名付けられました。

てんたかくの味と特徴

てんたかくは、ほど良い粘りと甘みがあります。粒が大きく形がそろっているので、ふっくらと綺麗に炊きあがります。もちもち感はがありますが、粘りすぎないので食べやすいお米です。

サッパリして少し硬めなので、あっさりした和食、寿司米、丼物、チャーハン、雑炊などにもおすすめです。

スポンサーリンク

-お米の歴史と名前の由来と特徴
-, , ,