お米の歴史と名前の由来と特徴

にこまるの歴史と名前の由来と特徴

2017/08/11

50

福岡県で育成されたにこまるは、長崎県が先駆けて奨励品種にしたお米です。

スポンサーリンク

にこまるの歴史

1996年 (独)農研機構 九州沖縄農業研究センターで「は系626号」と「北陸174号」を交配する。
2004年 長崎県が「西海250号」を奨励品種とする。
2005年 「にこまる」と命名される。農林省により、「水稲農林411号」として登録される。
2008年 種苗法により品種登録される。

にこまるの系譜

kei_nikomaru

にこまるの名前の由来

おいしくて笑顔がこぼれる品種であること。品種特性である粒張りの良さ「まるまる」と表現して名付けられました。

にこまるの味と特徴

粒ぞろいが良く、ふっくらと炊きあがり、ツヤがいいのが特徴です。丸くて大きい粒は一粒一粒がしっかりしています。

ご飯は白くてツヤツヤです。粘りがあり、モチモチした食感はおかわりしたくなる美味しさです。

スポンサーリンク

-お米の歴史と名前の由来と特徴
-, , ,