お米の歴史と名前の由来と特徴

ゆめぴりかの歴史と名前の由来と特徴

2017/10/05

50

北海道米も昔とちがって、美味しいお米が生産できるようになりました。誕生から名前の由来までを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ゆめぴりかの歴史

1997年  北海道立上川農業試験場で「北海287号」「上育427号」を交配する。
2005年  「上育453号」の地方番号が与えられる。
2008年  一般公募により「ゆめぴりか」と命名される。北海道が「ゆめぴりか」を奨励品種とする。
2011年 種苗法により品種登録される。
2012年 ANA国際線ファーストクラスとビジネスクラスで機内食として採用される。

ゆめぴりかの系譜


※1 培養による突然変異

ゆめぴりかの名前の由来

ほど良い粘りと甘み。そして、炊きあがりの美しさ。その優れた品質から、「日本一おいしい米を」という北海道民の「夢」に、アイヌ語で美しいを意味する「ピリカ」を合わせて名付けられました。

ゆめぴりかは、北海道内で一般公募から選ばれた名前です。

ゆめぴりかの味と特徴

お米の味を左右するアミロースが低いため程良い粘りを含み、タンパク質も比較的低くいため、炊きあがりは軟らかさ・ツヤともに抜群で、冷めても豊かな甘み・旨味が変わることはないお米。硬さや粘りといった好みにかかわらず、おいしく食べることができます。

程よい柔らかさで、やさしい味が口にひろがります。

スポンサーリンク

-お米の歴史と名前の由来と特徴
-, , ,