お米の歴史と名前の由来と特徴

イクヒカリの歴史と名前の由来と特徴

2017/08/11

50

イクヒカリはコシヒカリのひ孫にあたるお米です。コシヒカリの育ての親、福井県のイクヒカリはどんなお米でしょうか。

スポンサーリンク

イクヒカリの歴史

1990年 福井県農業試験場で「越南148号」と「北陸148号」を交配する。
2004年 「イクヒカリ」と命名される。農林省により、「水稲農林402号」として登録される。
福井県と鹿児島県が「イクヒカリ」を奨励品種とする。
2007年 種苗法により品種登録される。

イクヒカリの系譜

kei_ikuhikari

イクヒカリの名前の由来

食育が重要な課題となる中で、消費者にブランドとして育てられ、幾久しく光り輝く米になることを願って名付けられました。

イクヒカリの味と特徴

イクヒカリはコシヒカリよりも「低タンパク」「低アミロース」のお米です。

モチモチしていて粘りが強く、冷めてもコシヒカリより粘りがあります。おにぎりやお弁当に向いているお米です。

炊きたても冷めても美味しいイクヒカリは、ふっくらしていてツヤも香りもコシヒカリ以上の美味しさです。

スポンサーリンク

-お米の歴史と名前の由来と特徴
-, , ,