お米の歴史と名前の由来と特徴

キヌヒカリの歴史と名前の由来と特徴

2017/08/11

50

新潟生まれのお米ながら、コシヒカリとは反対の味わい。西日本で多く生産されているお米でもあります。

スポンサーリンク

キヌヒカリの歴史

1975年 農林水産省北陸農業試験場で「収2800/北陸100号」と「北陸96号」を交配する。
1988年 「キヌヒカリ」と命名される。農林省により、「水稲農林290号」として登録される。
1989年 種苗法により品種登録される。

キヌヒカリの系譜

kei_kinuhikari

※1 ガンマ線照射による突然変異

キヌヒカリの名前の由来

炊き上がりのご飯の色が白く、絹のようにつややかな米肌を表わして命名されました。

キヌヒカリの味と特徴

キヌヒカリはコシヒカリよりも粘りが少なく、サッパリとした味わいです。ツヤが良く、ぱらっとした口当たりです。どちらかというと、ササニシキ系のお米です。ササニシキよりも値段が安いため、寿司屋の酢飯の定番のお米です。

火加減次第でお米がほぐれるので、カレーやチャーハンにもぴったりです。また、冷めると甘みが増すのも特徴の一つです。

コシヒカリのような味が濃くて粘りがあるお米が苦手な方が好む味です。

スポンサーリンク

-お米の歴史と名前の由来と特徴
-, , ,