お米の歴史と名前の由来と特徴

ゴロピカリの歴史と名前の由来と特徴

2016/11/23

50

ゴロピカリは群馬のブランド米ですが、全国ではあまり手に入らないお米のようです。

スポンサーリンク

ゴロピカリの歴史

1985年 群馬県農業試験場で「愛知56号」と「越南17号」を交配する。
1993年 群馬県が「ゴロピカリ」を奨励品種とする。
1994年 「ゴロピカリ」と命名される。
1995年 種苗法により品種登録される。

ゴロピカリの系譜

kei_goropikari

ゴロピカリの名前の由来

ゴロピカリの名前は県内から公募し、高崎市内の小学生の作品が採用されました。上州名物の雷(稲妻)は稲の豊作をもたらすと言われています。この雷の雷鳴と「コシヒカリ」のヒカリかをとって名付けられました。

ゴロピカリの味と特徴

粒厚が薄くて丸みがある形です。食味が良く、粘りがあり、もっちりとした食感があります。炊きあがりは光沢と旨味があります。

冷めても美味しいので、おにぎりやお弁当にもいいですし、お米自体が美味しいのでどんなおかずにも合います。カレーや丼物でもおいしくいただけます。

複数産地のコシヒカリブレンドと同等の食味です。

スポンサーリンク

-お米の歴史と名前の由来と特徴
-, , ,