お米の歴史と名前の由来と特徴

一番星の歴史と名前の由来と特徴

50

8月中旬には新米として食べることができる、茨城県自慢のオリジナルブランド米です。

スポンサーリンク

一番星の歴史

1999年 茨城県農業総合センター生物工学研究所で「千葉6号」「愛知101号」を交配する。
2012年 「一番星」と命名される。
2013年 茨城県が「一番星」を奨励品種とする。
2014年 種苗法により品種登録される。

一番星の系譜

一番星の名前の由来

茨城の早場米生産に向く極早生で、おいしさを兼ね備えた期待の星として名づけられました 。

一番星の味と特徴

つるんと口当たりが良い食感です。大粒でしっかりとした歯ごたえと優しい甘味があります。

大粒なので表面は少し固く感じますが、もちもちとしていて粘りがやや強く、少し柔らかく感じます。

冷めても美味しく、特におにぎりとは相性抜群です。

スポンサーリンク

-お米の歴史と名前の由来と特徴
-, , ,