お米の歴史と名前の由来と特徴

能登ひかりの歴史と名前の由来と特徴

50

能登ひかりは、主に石川県能登地域の標高が50m以上ある山あいで生産されている石川県のブランド米です。

スポンサーリンク

能登ひかりの歴史

1977年 石川県農業試験場で「越南96号」「生40」を交配する。
1985年 「能登ひかり」と命名される。
石川県が「能登ひかり」を奨励品種とする。
1986年 種苗法により品種登録される。

能登ひかりの系譜

能登ひかりの名前の由来

能登で生まれ、コシヒカリに負けない味であるので、「能登」と「ひかり」を組み合わせ、「能登ひかり」となりました。

能登ひかりの味と特徴

コシヒカリの血筋である能登ひかりは、米粒が大きく、粒の腹が白いのが特徴です。

粘りとモチモチ感があり、味はコシヒカリと似ています。噛めば噛むほど旨味が広がる美味しさを持っています。

炊き上がりも美しいので、おにぎりがオススメです。一粒一粒の味とお米本来の味が楽しめます。

スポンサーリンク

-お米の歴史と名前の由来と特徴
-, , ,