お米の豆知識

金芽ロウカット玄米の栄養と健康への影響

2016/11/24

20

身体に良くて美味しい金芽ロウカット玄米は、身体にどのような効果があるのでしょうか?

金芽ロウカット玄米の栄養素から、健康に与える影響を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

白米との栄養価の比較

金芽ロウカット玄米が、従来の玄米とほぼ同じ栄養であり、白米より栄養が高いのがわかります。

白米 従来の玄米 金芽ロウカット玄米
エネルギー 356kcal 350kcal 354kcal
食物繊維 0.5g 3.0g(注) 3.5g(注)
カルシウム 5mg 9mg 6mg
ビタミンB1 0.08mg 0.41mg 0.36mg
ビタミンE
(α-トコフェロール当量)
0.1mg 1.2mg 1.4mg
ナイアシン 1.2mg 6.3mg 3.1mg
γ-オリザノール 0mg 46mg 33mg

※100g当たりの含有栄養成分
※白米、従来の玄米:日本食品標準成分表(洗米前の数値)
金芽ロウカット玄米:無洗加工後の数値(一般財団法人食品環境検査協会 調べ)
※γ-オリザノール:公益財団法人日本食品油脂検査協会 調べ
(注)原料となる玄米により含有値が異なるため、このような差異が生じることがある。

参考文献:東洋ライス株式会社公式ホームページ

金芽ロウカット玄米に含まれる栄養素の効能

食物繊維

食物繊維が豊富なので、便秘に効果があります。

カルシウム

骨や歯を丈夫にします。

ビタミンB1

糖質をエネルギーに変えます。疲労回復効果があり、神経や筋肉を正常に保ちます。

ビタミンE

抗酸化作用があり、脂質の酸化を防ぎます。血液をサラサラにしたり、女性ホルモンの代謝をサポートして、更年期障害を和らげてくれます。

ナイアシン

糖質を代謝し、血液中のコレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります。

y-オリザノール

米ぬか特有の成分で、高脂血症や高コレステロールを低減したり、更年期障害や、自律神経失調症にも効果があります。抗菌、抗酸化作用、美白作用があります。

金芽ロウカット玄米を食べると健康的な身体に近づく

金芽ロウカット玄米を食べると、「生活習慣病」「更年期障害」「便秘解消」「ダイエット」「美肌」などの効果が期待されます。毎日食べることで、生活スタイルが健康的になるかもしれませんね。

健康に不安がある方は、パンやパスタ、うどんなどを金芽ロウカット玄米に変えてみてはいかがですか?

スポンサーリンク

-お米の豆知識
-, ,